最適な材料 『送料無料』ソーラートーン ブライトアップ・クロック2 光と音の目覚まし時計 ガンメタルブラック-置き時計。



送料
送料無料
送料無料
※ただし、一部地域(北海道一部地域・沖縄・離島)は別途お見積りとなります。

代引きの場合は代引き手数料が別途かかります。
商品情報

ブライトアップ・クロック(光と音で起きる目覚まし時計)とは?
ブライトアップ・クロックは明るい光と音により睡眠リズムを調整し、毎朝、快適な目覚めを目的にデザインされた光と音の人気の目覚まし時計です。
人間の生体リズムは朝日が昇ることにより目覚め、陽が沈むことにより、眠りへと導かれる様になっています。この目覚まし時計のランプは通常の蛍光灯と異なり、太陽光に近い特殊蛍光管を使用しています。起床の90分前に短時間の光でレム睡眠(眠りの浅い状態)状態にし、目覚まし設定の時間に音と光で快適な目覚めへ導く目覚まし時計です。
聴覚障害の方でも通常の蛍光灯よりも明るく枕元に設置できる為、光によって目覚める事が可能です。ライトはインバータ方式で光のチラツキを抑えており、紫外線をカットしている為、目の疲れを軽減し通常の照明機器としても使用できる目覚まし時計です。

※光療法を目的とした場合は照射面積とルックスが足りない為、ご使用になれません
こんな方にオススメの目覚まし時計です
朝起きられない
目覚めが悪い
起きても疲労感が残る
起きても体が動かない
日中になっても頭が働かない
聴覚障害のある方
プリウェイク機能
プリウェイクとはブライトアップ・クロック目覚まし時計の特殊機能の一つで、睡眠リズムを瞬間的な光の刺激で調整して目覚めを容易にすることを目的としています。
一般的に睡眠はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を約90分毎に繰り返し、眠りの浅いレム睡眠状態の間に目覚めると寝起きが良く、すっきりと起きられると言われています。
プリウェイク機能は、設定した目覚まし時間の90分前にライトを短時間点灯することによりレム睡眠を前もって誘発し、実際の目覚めの時間にレム睡眠状態から起きられる様に補助するシステムです。
プリウェイク点灯時間は1秒から60秒まで設定可能ですが、最初は1~2秒程から試してください。
長く設定し過ぎると、覚醒してしまう可能性があります。
機能・特徴
時計(24h/12h 表示可能)
ライト点灯タイマー・消灯タイマー
アラーム機能
スリープタイマー(手動点灯時)
点灯時間カウンター(手動点灯時間)
ランプ交換時期カウンター
レム睡眠に働きかけるプリウェイク機能
プリウェイク制御タイマー
インバーター式
品名ブライトアップ・クロック(目覚まし時計)
ガンメタルブラック
サイズW110×D135×H535mm
重量約1.52kg
電源/消費電力AC100V 50/60Hz 37/38W
使用ランプ専用15Wランプ×2
ランプ寿命約1000時間
照度/距離10,000lx/10cm 5,000lx/20cm 2,500lx/30cm
※ブライトアップクロックは目覚まし時計です。
※新しいランプでの測定による概算データです。
※デザイン、仕様等は予告なく変更になる場合がございます。

[Tag]
4983936421407 ブライトアップクロック bright up clock 母の日 父の日 プレゼント ギフト 目覚まし時計 めざまし時計 目覚し時計 目覚ましとけい めざましとけい 目覚しとけい 目覚ましどけい めざましどけい 目覚しどけい 黒 ブラック ガンメタリック 4983936421315 buraitoappu kurokkuソーラートーン Solartone ブライトアップクロック bright up clock ガンメタルブラック ガンメタリック 黒 4983936421315 母の日 父の日 プレゼント ギフト

161108-28 160613-13 150915-17 130227-13 0421

【ビアンコ K 椅子 Aランク 】 木製イス 幅420×奥行530×高さ800(mm)【業務用】【新品】【送料無料】


最適な材料 『送料無料』ソーラートーン ブライトアップ・クロック2 光と音の目覚まし時計 ガンメタルブラック-置き時計

バリエーション豊かな客室タイプから、あなたにフィットする寛ぎの空間をお選びいただけます。

最適な材料 『送料無料』ソーラートーン ブライトアップ・クロック2 光と音の目覚まし時計 ガンメタルブラック-置き時計






最適な材料 『送料無料』ソーラートーン ブライトアップ・クロック2 光と音の目覚まし時計 ガンメタルブラック-置き時計

このページをシェアしよう


最適な材料 『送料無料』ソーラートーン ブライトアップ・クロック2 光と音の目覚まし時計 ガンメタルブラック-置き時計

このページの先頭へ